artist
&
creatorアーティスト・クリエイター情報

tenbo

プロフィール

デザイナー 鶴田能史

“人の為になるファッションデザイナーになりたい”とずっと思っておりました。
機能性もありファッション性もある服は今まではなかったので着ているだけで楽しくなるような“優しい服”を発信すべくtenboを立ち上げました。
ファストファッションが浸透している『今』 1着1着が大切にされる服を作っていきます。

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • youtube

略歴・キャリア

【デザイナー経歴】
1981年 千葉県君津市生まれ
2000年 千葉県立木更津高校卒業
2003年 文化服装学院デザイン専攻を卒業
    ㈱ヒロココシノに入社。
    コシノヒロコに師事しコレクションとライセンスビジネスに携わる。
    その後、子供服ODM会社でしまむら、西松屋のデザイン企画などを担当。
2011年 昭和学院短期大学の講師として勤務/ 服飾専門学校の専任講師
    講師の傍ら舞台衣装デザインミュージシャンの衣装デザインなど幅広く活動
2012年 JVCケンウッド・デザインのデザインイベントの展示アイデアと制作を協力
2015年 1月 テンボデザイン事務所設立

【東京コレクション-日本一の格式あるファッションショー】
2015年 3月 Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2015/2016 AW 初参加 デビュー
     テーマ「DREAM」 《日本初障害者モデルを起用》
2015年 10月Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2016 SS 平和へのメッセージを発表し国内外問わず注目される
  テーマ「1945」
2016年 10月Amazon Fashion Week TOKYO 2017 SS ハンセン病をテーマにした社会的メッセージを発信
  テーマ「HANSEN」

【その他 ファッションショー】
2015年 5月 吉祥寺コレクション2015参加 
2015年 9月 バリコレクション2015参加 NHK Eテレ主催  (会場:大阪グランフロント)
2015年 10月 スポーツオブハート2015 ファッションショー衣装担当 (会場:代々木第一体育館)
2015年 11月 チャレンジドフェスティバル2015にて障がい者ファッションショーを開催 (会場:日比谷公園)    
2016年 5月 吉祥寺コレクション2016参加
2016年 10月 バリコレクション2016参加 NHK Eテレ主催  (会場:六本木ヒルズアリーナ)
2016年 10月 スポーツオブハート2016 ファッションショー衣装担当 (会場:代々木第一体育館)
2017年 2月 チバフリ2017 ファッションショープロデュース (会場:幕張イオン)
2017年 5月 吉祥寺コレクション2017参加
2017年 9月 スポーツオブハート2017 大分での初開催でファッションショーをプロデュース (会場:JR大分駅前)
2017年 10月 スポーツオブハート2017 ファッションショー(会場:代々木公園)
2017年 10月 バリコレクション2017参加 NHK Eテレ主催  (会場:京都 平安神宮)
2017年 11月 メリースマイルファッションショー開催 世界一の笑顔のドレスを披露 (会場:渋谷ヒカリエ)

【受賞歴】
2015年8月 ミスブリティッシュエンパイア(ロンドン開催)のミスコンの上海代表の衣装担当 入賞
2016年 1月 ミスツーリズムワールド(マレーシアにて世界大会)にて日本と中国代表の衣装担当 衣装部門2位
2016年 2月レディユニバース(ブルガリアにて世界大会)にて日本代表の衣装担当 衣装部門グランプリ

【講演 ゲストスピーチ】
2015 8月 三菱電機にてフューチャーセッションにて登壇
2015 11月 超福祉展 渋谷ヒカリエ 「臓器のデザインについて」
2016 2月 SONY本社にて登壇 「ファッション細胞について」
2016 7月 NECにてゲストトーク
2017 4月 日立ソリューションズ にてゲストトーク「ファッションの無限大の可能性」
2017 5月 透析業界フォーラムにて登壇 QOLとファッション
2017 10月 全国高等学校校長会にて全国から集まる家政科のある学校長を対象に講演。

【クラウドファンディング達成歴】
2015 プロジェクト名「健常者も障害者もオシャレに着れる服を世界中へ発信したい!」
目標金額 200万円  達成金額233万円  プロジェクト達成
2016 プロジェクト名「ハンセン病をテーマにしたファッションショーで差別偏見をなくしたい!」
目標金額 300万円  達成金額324万円  プロジェクト達成

【TVメディア出演情報】
2015 11月 NHK Eテレバリバラ ゲストトーク(共演者 はるな愛)
2016 11月 NHK Eテレバリバラ ゲストトーク(共演者 はるな愛)
2016 12月 日本テレビ news every 「タネをまく人」のコーナーで、ハンセン病と向き合うファッションデザイナーとして出演

【WEBメディア出演情報】
2016 6月 元サッカー日本代表 城選手と対談(経営者インタビュー)
2017 4月 WEBメディア soarにて特集。社会課題へのメッセージをファッションで表現したい。

【衣装着用】
2017 ミセスグリーンアップル キービジュアルに起用(Dr 山中綾華/Kb 藤澤涼架)
2017 おかずクラブ ゆいPさん 日テレしゃべくり007で着用
2017 中川大志さん  日テレ オシャレイズムで着用

【教員経験】
2011年 昭和学院短期大学の講師として勤務
20114月-2015年 3月 服飾専門学校専任講師として勤務
2016 テンボのファッションクリエーター講座開講(事務所で開講している洋裁教室) 

世の中全ての人へ

テンボはピープルデザインをかかげたファッションブランドです。
世の中全ての人へ。みんなが分け隔てなくオシャレを楽しめる服。
年齢、国籍、性別、障がいの有無を問わず、全ての人が笑顔になれる服。
そんなやさしい服をテンボは提案しています。
世の中には「ファッション性」と「機能性」の両方がある服が、意外と無いことに気付きました。
介護福祉の現場や身体障がい者専用の服など、機能性のある服は存在するのですが、どうしてもファション性に欠けてしまう。
テンボは、「オシャレはみんなが楽しむ事ができるべき!」だと感じています。それはファッションデザイナーとしての使命だと思っています。「誰でもオシャレに着られるような、そんな服を発信していきたい!」と強く思い、立ち上げたブランドがテンボです。
テンボは日本一、格式のある東京コレクション「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO」で2015年3月にデビューしました。
障がい者モデルと健常者モデルを同じ舞台で起用し世界中から注目を浴びました。東京コレクションで、このような演出をしたのはテンボが第一人者になります。
ファッションで世界中に笑顔と幸せを届ける、そんなブランドを目指しております。

テンボとは?

テンボはスワヒリ語で「象」の意味です。
象は地球上最大の動物です。
また子供達から好かれる存在でもあり愛される存在です。
でずがその反面、村を破壊するなどの凶暴さも兼ね備えてます。
象のように、優しさだけでなく、時には立ち向かっていく強さ、守ることのできる強さがある
そんなブランドでありたいと思います。

テンボは、年齢、性別、国籍問わずにTOKYOから発信する世界的なファッションブランドです。Tenbo is People Design fashion brand.For all people of the world. Instagram→http:/Instagram.com/tenbo_official

—————————————————————————————-

tenbo official site
http://www.tenbo.tokyo

—————————————————————————————-